【 新品 】
 MOSSA OCT19  Fight Group スポーツ/フィットネス 【 新品 】 MOSSA OCT19 Fight Group スポーツ/フィットネス
美品IENA LA BOUCLEイエナラブークル リブプルオーバーニットyori - by , 2022-11-08
3/ 5stars
アイリスさんの布団乾燥機ですが、2本ノズルでとっても効果的に乾燥及びダニ退治を行なっている様に感じます お店も迅速な対応にとっても感謝しております
ピーチジョン バレンタイン 2021 - by , 2022-12-19
5/ 5stars
梅雨時期に備えて購入した。シンプルな構造なので、壊れにくいだろうし、長く使えるはず。別のメーカー品は蛇腹パイプだけの構造だが、あれでは湿った布団の重みで、パイプ先端付近のみ布団しか乾かないし、むしろそこら付近だけ長時間熱せられるので、布団の中の綿の劣化などが心配だった。個人的には熱風を布団全体に満遍なく行き渡らせたい為に、シート付きを購入した。シートが熱風で膨らむので、布団全体に熱風のトンネルができると思った。別宅で三菱電機製のもので同様の構造だったものを10年以上使用しており、未だに壊れる気配もなし。あとは乱暴に扱わないように注意しながら、耐久性を見てゆくつもりだ。
ポテチーノ風パンツ - by , 2022-10-25
4/ 5stars
あまり使わないと思い、以前持っていたものを家族にあげてしまいましたが、寒い季節や梅雨時には欠かせないものですので、再度購入しました。ホースを布団に入れて15分ほどでもうフカフカになるので最高です!それでこの値段✭*.+゚
Vivienne ヴィヴィアンウエストウッド ハンドバッグ オーブ ピンク☆ - by , 2022-12-17
5/ 5stars
コンパクながら性能は十分です。 冬場に寝る前に「あたため」をかけていると布団がほかほかで寝つきも良いように感じます。
しぃ様専用 - by , 2022-10-11
4/ 5stars
花粉対策もあり、布団乾燥機を購入しました。 花粉の時期と梅雨時用に購入を検討して、靴の乾燥にも使えるので コチラを購入しました。 ポイントとしては ホース部分を含めコンパクトに収納できる 大きさ、重さが許容範囲である 外観も落ち着いている 以上の点から決めました。 実際に使用してみましたが結構暖かいみたいです。 これで梅雨時の対策もできました。
新品 紺色 デニム - by , 2022-12-15
5/ 5stars
布団干す日に恵まれず、初めてこういうのは購入してみました。サイズがお手頃で布団にのそばで簡単に使えていいと思います。 花粉や除菌機能もあるので、特にこれからの雨季と言うこともあり重宝しそうです。 使い方は思ったより難しくなく、説明書なくても使えました。
値下美品 ステラマッカートニー ハート柄パンツ - by , 2022-09-27
4/ 5stars
商品到着後、早速、使用しました。 直感的な操作性であったため、また、収納もコンパクトであり、大変満足しました。
ねいねい様 専用 - by , 2022-12-13
5/ 5stars
凄くコンパクトなのにしっかり温められます。今日は布団がふかふかで気持ちよく寝れそうです。
ブラックフォーマルブラジャー - by , 2022-12-27
4/ 5stars
この時期に重宝します。シューズにも 使える所がいいです。
定価6615円‼️ D65 新品未使用 ノンワイヤーブラ セモアミュウ レア 廃盤 - by , 2022-12-20
5/ 5stars
迅速な対応ありがとうございます! 差し込むだけなのでめちゃくちゃ楽です!
MidiUmi コットンラップパンツ beige size2 - by , 2022-12-25
3/ 5stars
この梅雨時期、ダニの発生を気にしていたので、良いものを見つけました。強力で乾燥した後は、カラッとして気持ちよく寝れます。娘にもプレゼントしました。布団を外に干せないので助かってると、喜んでいました。
juemi UNV TYO short knit - by , 2022-12-06
5/ 5stars
サイズも想像していたよりコンパクトで見た目も落ち着いたピンクで寝室に置いてあっても気にならない。 梅雨対策に購入したが、布団がふっくら温まり寝やすく感じる。運転中、多少の音がするが気にならない程度でした。
N°21 N'21とKWAYのコラボ - by , 2022-12-23
4/ 5stars
まだ使用しておりませんが、この時期靴に とか期待してます。
ヤヌークYANUK ニットビッグVネックプルオーバー - by , 2022-11-22
5/ 5stars
木目調でおしゃれで使いやすく満足してます。
GROUP FIGHT OCT 19 | Music CDs & Downloads | MyGroupFit, Group Fight Videos - MOSSA, Group Fight (30 min) | MOSSA On Demand 30 Minute Workout - YouTube, Group Fight Videos - MOSSA, Group Fight – MMA Workouts by MOSSA, Group Fight Videos - MOSSA, 円高還元 Group Fight Oct19 MOSSA スポーツ/フィットネス - www

CD. DVD 動作確認済み。コリオブックに書き込みはなし。
カテゴリー:本・音楽・ゲーム>>>DVD/ブルーレイ>>>スポーツ/フィットネス
商品の状態:未使用に近い
:ホワイト系/イエロー系/ブラウン系
配送料の負担:送料込み(出品者負担)
配送の方法:らくらくメルカリ便
発送元の地域:未定
発送までの日数:1~2日で発送

GROUP FIGHT OCT 19 | Music CDs & Downloads | MyGroupFit
Group Fight Videos - MOSSA
Group Fight (30 min) | MOSSA On Demand 30 Minute Workout - YouTube
Group Fight Videos - MOSSA
Group Fight – MMA Workouts by MOSSA
Group Fight Videos - MOSSA
円高還元 Group Fight Oct19 MOSSA スポーツ/フィットネス - www

【 新品 】 MOSSA OCT19 Fight Group スポーツ/フィットネス

初代タイガーマスク大全集~奇跡の四次元プロレス198-1983~完全保存盤
SEVENTEEN special edition love & letter
MG トランザムライザー LED2箱付 プレバン限定 未組立
原文をBibgraph(ビブグラフ)で読む 上記論文の日本語要約 【重要性】急性大血管閉塞性脳卒中で、機械的血栓除去術に静脈内血栓溶解療法を併用する必要があるかどうか明らかになっていない。 【目的】機械的血栓除去術単独が、脳梗塞後の良好な転帰で静脈内血栓溶解療法+機械的血栓除去術に対して非劣性を示すかを明らかにすること。 【デザイン、設定および参加者】からの間に日本の23の病院ネットワークで組み入れた大血管閉塞に伴う急性期脳梗塞患者204例を対象とした医師主導型多施設共同無作為化非盲検非劣性臨床試験であり、最終経過観察日はであった。 【介入】患者を機械的血栓除去術単独群(101例)と静脈内血栓溶解療法(アルテプラーゼ0.6mg/kg)+機械的血栓除去術併用群(103例)に無作為に割り付けた。 【主要評価項目】有効性の主要評価項目は、90日時の修正ランキン尺度スコア0~2点(0点[無症状]~6点[死亡])と定義した転帰良好とし、非劣性マージンオッズ比0.74、片側有意閾値0.025(97.5%CI)で評価した。副次評価項目に90日死亡率などの7項目を規定した。あらゆる脳出血、36時間以内の症候性脳出血などの4項目を安全性の評価項目とした。 【結果】204例(年齢中央値74歳、男性62.7%、National Institutes of Health Stroke Scaleスコア中央値18点)のうち全例が試験を完遂した。機械的血栓除去術単独群の60例(59.4%)、静脈内血栓溶解療法+機械的血栓除去術併用群の59例(57.3%)の転帰が良好であり、群間で有意差はなかった(差2.1%[片側の97.5%CI -11.4%~∞]、オッズ比1.09[同0.63~∞]、非劣性のP=0.18)。7項目の有効性評価項目と4項目の安全性評価項目のうち、90日死亡率(8例[7.9%] vs. 9[8.7%]、差-0.8%[95%CI -9.5%~7.8%]、オッズ比0.90[同0.33~2.43]、P>0.99)などの10項目に有意差がなかった。機械的血栓除去術単独群の方が併用群よりもあらゆる脳内出血の発症率が低かった(34例[33.7%] vs. 52例[50.5%]、差-16.8%[同-32.1%~1.6%]、オッズ比0.50[同0.28~0.88]、P=0.02)。両群間で症候性脳内出血の頻度に有意差はなかった(6例[5.9%] vs. 8[7.7%]、差-1.8%[同-9.7%~6.1%]、オッズ比0.75[同0.25~2.24]、P=0.78)。 【結論および意義】急性大血管閉塞に伴う脳梗塞に用いる機械的血栓除去術単独は、機能的転帰に関して、静脈内血栓溶解療法と機械的血栓除去術の併用に対する非劣性が示されなかった。しかし、効果推定の信頼区間が広かったため、劣性であるとの結論を示すこともできなかった。 第一人者の医師による解説 機械的血栓回収療法の施行前の t-PA投与が不要になる可能性を示唆 木村 和美 日本医科大学大学院医学研究科神経内科分野大学院教授 MMJ. June 2021;17(3):78 ガイドラインには、「機械的血栓回収療法を行うときは、t-PA静注療法の適応例に対してはt-PA静注療法を優先すること(グレード A)」と記載されている。t-PA静注療法は、脳主幹動脈閉塞の早期再開通率が高くない上に、薬剤による出血合併症のリスクがあり、また、治療に要する時間、複数の医療スタッフの必要性など、コスト・ベネフィットが高くない。以上の理由から、この数年来「機械的血栓回収療法の施行前に、t-PA投与が必要か否か」が急性期脳梗塞の治療上解決すべき大きな命題であった。 本論文で報告されたSKIP研究の目的は、脳主幹動脈閉塞を伴う急性期脳梗塞患者を対象としたラ ンダム化比較試験(RCT)により機械的血栓回収療法単独と併用療法(機械的血栓回収療法+t-PA静注療法)の間で患者転帰良好に差があるか否かを明らかにすることである。目標症例数は、過去の文献より算出し200人が適切と判断した。適格基準は(1)年齢18〜85歳(2)急性期脳梗塞(3)発症前mRS(Rankin Scale)スコア2以下(4)閉塞血管は内頸動脈と中大脳動脈(5)初診時NIHSS(National Institutes of Health Stroke Scale)は6以上(6)ベースラインASPECTS(Alberta Stroke Program Early CT Score)6以上(7)発症から4時間以内に穿刺が見込まれる患者である。主要評価項目は発症後90日の転帰良好(m RS 0〜2)の割合とし、機械的血栓回収療法単独が併用療法に対して非劣性であるか否かを検証した(非劣性マージンのオッズ比0.74)。有害事象評価項目は、発症後36時間の頭蓋内出血の割合とした。 結果は、患者204人の登録があり、機械的血栓回収療法単独群が101人、併用群が103人であった。患者背景は2群間で差はなく、均等に割り付けされていた。主要評価項目の発症後90日のm RS 0〜2の割合は、単独群59.4%と併用群57.3%であり、補正なしのロジスティック回帰モデルにおけるオッズ比は1.09(97.5%CI,0.63〜∞;P=0.17)で、機械的血栓回収療法単独群の方が転帰良好例は多いが、非劣性は証明できなかった。発症後36時間の頭蓋内出血の割合は、単独群が34人(33.7%)、併用群が50人(50.5%)と、併用群の方が有意に多かった(P=0.02)。以上より、脳主幹動脈閉塞例には、t-PA投与なしに可及的速やかに機械的血栓回収療法を行う方が、患者の転帰が良好になる可能性が示されたが、非劣性は証明できなかった。中国から同様な研究が2件(DIRECT-MT(1)、DEVT(2))報告されており、非劣性を証明している。そのほか、世界では3件のRCTがon goingであり、結果が楽しみである。SKIP研究は、機械的血栓回収療法の施行前に、t-PA投与が不要になる可能性を示唆した研究で、今後、脳梗塞急性期治療にパラダイムシフトが起こるかもしれない。 1. Yang P, et al. N Engl J Med. 2020;382(21):1981-1993. 2. Zi W,et al.JAMA.2021;325(3):234-243.

【 新品 】 MOSSA OCT19 Fight Group スポーツ/フィットネス

一過性脳虚血発作の発症と長期的な脳卒中リスクとの関連
Incidence of Transient Ischemic Attack and Association With Long-term Risk of Stroke JAMA. 2021 Jan 26;325(4):373-381. doi: 10.1001/jama.2020.25071. 原文をBibgraph(ビブグラフ)で読む 上記論文の日本語要約 【重要性】一過性脳虚血発作(TIA)とその後の脳卒中リスクの関連を正確に推定することによって、TIAを発症した患者の予防策を向上させ、脳卒中の負担を抑制させることができる。 【目的】集団のTIA発症率、TIA後の脳卒中リスクの時期と長期的傾向を明らかにすること。 【デザイン、設定、参加者】ベースラインでTIA、脳卒中の既往のない参加者1万4059例から後ろ向きに収集したデータの後ろ向きコホート研究(Framingham Heart Study)。1948年からまで追跡した。TIA未発症例の標本とTIA初発例を年齢と性別で(5対1の比率で)マッチさせた。 【曝露】時間(TIA発症率の算出、時間傾向分析)、TIA(マッチさせた縦断コホート)。 【主要評価項目】主要評価項目は、TIA発症率、短期(7日、30日、90日)と長期(1~10年)で比較したTIA後の脳卒中発症率、マッチさせたTIA未発症対照例と比較したTIA後の脳卒中、3分類の期間(1954~1985年、1986~1999年、2000~2017年)別に評価したTIA後90日時脳卒中リスクの経時的な傾向。 【結果】追跡調査期間66年の参加者1万4059例(36万6209人・年)のうち435例がTIAを発症し(女性;229例、平均年齢73.47[SD 11.48]歳、男性;206例、平均年齢70.10[SD 10.64]歳)、TIA未発症の対照例2175例とマッチさせた。TIAの推定発症率は1000人・年当たり1.19であった。TIA後の追跡調査期間中央値8.86年の間に、130例(29.5%)が脳卒中を発症した。そのうち28例(21.5%)が初回TIA発症後7日以内、40例(30.8%)が30日以内、51例(39.2%)が90日以内、63例(48.5%)が1年以上経過後に脳卒中を発症した。脳卒中発症までの期間中央値は1.64年(四分位範囲0.07~6.6年)であった。年齢と性別で調整した脳卒中発症の10年累積ハザードは、TIA発症例(435例中130例が脳卒中発症)が0.46(95%CI 0.39-0.55)、マッチさせた対照のTIA未発症例(2175例中165例が脳卒中発症)が0.09(95%CI 0.08-0.11)であり、完全調整後ハザード比(HR)は4.37(95%CI 3.30-5.71、P<0.001)であった。1948~1985年(16.7%、TIA発症155例中26例が脳卒中発症)と比較したTIA後90日脳卒中リスクは、1986~1999年では11.1%(162例中18例が脳卒中発症)、2000~2017年では5.9%(118例中7例が脳卒中発症)であった。第1期(1948~1985年)と比較すると、90日間脳卒中リスクのHRは、第2期(1986~1999年)で0.60(95%CI 0.33-1.12)、第3期(2000~2017年)で0.32(95%CI 0.14-0.75)であった(傾向のP=0.005)。 【結論および意義】今回の1948~2017年を対象とした集団コホート研究で、推定粗TIA発症率は1.19/1000人・年であり、脳卒中リスクは、TIA発症後の方がマッチさせたTIA未発症の対照よりも有意に高かった。TIA発症後の脳卒中リスクは、最も近い2000~2017年の方がそれ以前の1948~1985年よりも有意に低かった。 第一人者の医師による解説 TIAは脳卒中の強い危険因子 長期間にわたる血管リスク管理を徹底すべき 犬塚 諒子/藥師寺 祐介(主任教授) 関西医科大学神経内科学講座 MMJ. August 2021;17(4):109 一過性脳虚血発作(TIA)は切迫(脳)卒中の主要な先駆症状である。近年の2次予防的介入の進歩は、TIA発症後の短期的のみならず、長期的な脳卒中発症リスクの低下をもたらしていると思われるが、既報はない。そのことを明らかにするために、本研究ではFramingham Heart Study(FHS)のデータを用い、後ろ向き検証がなされた。対象として、1948年から2017年までのFHS参加者のうち、登録時にTIAや脳卒中の既往のない14,059人が抽出された(発症率コホート)。その中で、TIAを発症した症例(TIA群)と、それらに年齢・性別をマッチさせた対照(非 TIA群)を、1:5の比で抽出した縦断的解析用の集団も用意された(調整済み縦断的コホート:それぞれn=435、n=2,175)。これら2種のコホートを用いて、① TIA発症率② TIA後の脳卒中発症率(時代的変遷も含む)が検証された。 TIAの推定発症率は1.19/1000人・年であった。また、TIA後の脳卒中発症率は中央値8.9年の追跡期間中で29.5%であり、発症までの期間中央値は1.64年であった。TIA群の脳卒中発症リスクは、非 TIA群に比べ4.4倍と有意に高かった。TIA後90日間での脳卒中発症率の時代別変遷は、1948~85年で16.7%、1986~99年で11.1%、2000~17年で5.9%であり、1948~85年と比較し、2000年以降で有意に低かった。 本研究で示された時代ごとのTIA後の脳卒中発症率の低下は、薬物療法や外科的介入(頸動脈内膜剥離術、頸動脈ステント留置術)などのエビデンス構築、および普及を反映しているものであろう。しかし、TIA後の脳卒中発症率は非 TIA群の約4倍といまだ高い結果は見逃せない。さらに、TIA後の脳卒中発症率に関しては、従来、比較的短期的なイベントとして警鐘を鳴らされてきた感が強いが、本研究結果をみると、脳卒中の発症は短期間内にプラトーに達するわけではなく、追跡期間全体にわたって増加し、かつ半数(49%)は初回 TIAから1年後以降に発症することが示されたことは特筆すべきであろう。本研究は、後ろ向き研究であることなどから、結果解釈に制限はあるものの、TIAに限った均一な集団での、これまでにない長期間の追跡研究結果としての価値がある。事実、近年における5年を超える追跡期間を有した代表的研究であるTIAregistry.org projectはTIAに加え、軽症虚血性脳卒中も含んでいた側面を持つ(1)。本研究は、TIAは完成型脳卒中の強い危険因子であり、長期間にわたる血管リスク管理を徹底すべき疾患であることを示唆している。すなわち、TIA患者を診た場合は、「脳卒中になる一歩手前の崖っぷちにいる患者」と認識し、長期間にわたる生活習慣改善や内服調整を要することを説明しなければならない。 1. Amarenco P, et al. N Engl J Med. 2018;378(23):2182-2190.
SEVENTEEN セブチ ドギョム トレカ ポストカード まとめ売り
◆フランク・ロイド・ライト回顧展◆図録 古書
【中古】PS5本体(デジタルエディション  CFI-1000B01)
GOUDARD-PLASTIQUES.COM RSS